Home > book > センセイの鞄

センセイの鞄

  • Posted by: daniwell
  • 2008年10月25日 01:25
  • book

センセイの鞄

川上弘美さん著の、『センセイの鞄』。

昔わたしの先生だったセンセイと、
そのセンセイの教え子だったわたしとの恋愛小説。
(2003年に映画化されてるけど生憎見たことはないです)

すごく淡々としてる。
終始法定速度の半分くらいで物語は進んでいく。

無駄に、というわけでもないが、
センセイとわたしの飲みのシーンが多いのは、なんだかとても日本っぽい。

 
行きつけの居酒屋の主人とキノコ狩に行ったりだとか、
絡んできた酔っ払いのピアスをすってやったりだとか、
ワインのグラスをくるくるまわして飲んだりだとか、

なんでもないような、なんでもあるような情景が続いていくけれど
それでも着実に時間は流れていて、最後はちょっぴり切ない。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.papiness.com/blog/mt-tb.cgi/111
Listed below are links to weblogs that reference
センセイの鞄 from papi-blo

Home > book > センセイの鞄

Search
Feeds

Return to page top