Home > flash > DotFilter

DotFilter

  • Posted by: daniwell
  • 2008年11月 4日 02:10
  • flash

DotFilter

2次元配列で指定したドットパターンをオブジェクト(MCなど)に適用するクラス。
お手軽にドットパターンを敷きたい時に結構役立つかも。

一応、AS2.0版とAS3.0版の両方を作ってみました。
以下クラスファイルとその使い方の例になります。

 
(2008/11/4 22:00 追記)
新たに、setObj関数追加
(下でダウンロードできるファイルは既に追加後のものになっています)

 
[class file: DotFilter.as (AS2.0) ]

import DotFilter;

var df :DotFilter = new DotFilter();

var array :Array = new Array();
// ドットパターン配列 タテ,ヨコのサイズは任意の大きさでよい
array = [
	[ 0x000000, 0xFF0000 ],
	[ 0x00FF00, 0x0000FF ]
	];

df.setArray( array );		// ドットパターンの配列をセット
df.setFilter( mc, { _x: 0, _y :0, _width :320, _height :240 } );	// mc に対して、座標[0,0]から320x240の大きさの範囲にドットフィルターを適用

setArrayでドットパターンとなる配列をセットします。
そして、そのパターンをsetFilterで mc に対して適用します。
適用範囲は第2引数のオブジェクトで指定できます。 (_x,_yは適用を開始する座標、_width,_heightはそれぞれ横幅と縦幅)

setFilterの第2引数は省略可能です(一部ないし全部)。
(デフォルトでは { _x: 0, _y :0, _width :Stage.width, _height :Stage.height } )

 
[class file: DotFilter.as (AS3.0) ]

var df :DotFilter = new DotFilter();
			
var sprite :Sprite = new Sprite();
var array :Array = new Array();
array = [
	[ 0x000000, 0xFF0000 ],
	[ 0x00FF00, 0x0000FF ]
	];

addChild( sprite );

df.setArray( array );
df.setFilter( sprite, { x: 0, y :0, width :320, height :240 } );

こちらも同じく、setFilterの第2引数は省略可となってます(一部ないし全部)。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.papiness.com/blog/mt-tb.cgi/122
Listed below are links to weblogs that reference
DotFilter from papi-blo

Home > flash > DotFilter

Search
Feeds

Return to page top