Home > flash > FlashDevelop Macro で連番のダミー画像生成

FlashDevelop Macro で連番のダミー画像生成

  • Posted by: daniwell
  • 2009年6月26日 03:22
  • flash





馬鹿全 - FlashDevelop Macro ExecuteScript で無限の可能性

FlashDevelopの使い方 (11)マクロ機能(コンパイル指定してムービープレビューまでを自動化) - 独学ActionScript

 
Flash Develop RC3 から搭載されたマクロ機能がなにやらスゴイということで、
需要があるのやらないのやらよく分からないツールを、ちまちまと作ってみたよ。
 

CreateDummyImage.cs

 
どういうツールかというと、タイトルにもあるとおり
連番のダミー画像(pic_1.png,pic_2.png...といった)を生成する、
というものです。

使い方は以下を参照。

  • CreateDummyImage.csファイルをDLし、任意の場所へ保存します。
  • ExecuteScript コマンドで、DLしたファイルを実行します。
  • すると下図のようなウィンドウが開きます。

 
ダミー画像生成ツール
 

項目 説明
横幅 生成する画像の横幅(pix)。
縦幅 生成する画像の縦幅(pix)。
枚数 生成する画像の枚数。
先頭文字 ファイル名の先頭に付ける文字列。
形式 保存するファイル形式。
開始番号 ファイル名の連番の開始する番号。
桁数 連番の最低桁数。それに満たないものは先頭に 0 が付与される。
  • 各項目を好きなように設定します。
  • 保存先を指定します(標準では開いているプロジェクトファイル)。
  • "書き出し"を押すと画像が書き出されます。

 
あと、重要なこととして、このプログラムを実行すると、
書き出し設定を保存したファイルが自動的に生成されます。

設定ファイルの保存先は、ソース内の

// 設定ファイル名(フルパス)
public static string FILENAME = "C:/Program Files/FlashDevelop/config";

を書き換えてください、はい。

 
以上、使い方としてはそんなに難しくはない、かと思います。

 
ただ、使いどころの方がほとんどない気が...。

あるとすれば
画像を大量に読みこまないといけないような状態で、
本画像を用意する前にとりあえず仮の画像でテストしてみたい、
といったときに使えそう...くらいかな。

 
まあ、もう作ってしまったし^^
最初はこんなもんでよしとしておこう。  

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.papiness.com/blog/mt-tb.cgi/177
Listed below are links to weblogs that reference
FlashDevelop Macro で連番のダミー画像生成 from papi-blo

Home > flash > FlashDevelop Macro で連番のダミー画像生成

Search
Feeds

Return to page top