Home > book Archive

book Archive

1  2  3

涼宮ハルヒの分裂

  • Posted by: daniwell
  • 2009年8月 8日 19:01
  • book

涼宮ハルヒの分裂

結構時間が掛かったけど、
ようやく既刊の9巻まで読み終えた。

しかし最後の9巻で、大風呂敷を広げに広げて終わってるのがなんとも。

次巻は発売が延期されてもう2年も経つんだそうで。
私自身はまあ今しがた読み終えたばかりなので、まだ一日と待っていないけれど、
本当に続きは発売されるのだろうか。

とりあえずのところは、祈るほかなさそうである。

涼宮ハルヒの憂鬱

  • Posted by: daniwell
  • 2009年7月25日 17:35
  • book

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒシリーズの文庫本を
それはもう衝動的に、大人買いしてしまった。

とりあえずサクッと2巻まで読んだけど、このサクサク感はやはりテンポのよさ故だろうか。

 
思えば今年の4月以降、小説といえばラノベしか買ってない気がする。
その前までは真逆だったというのに、これは一体どういう心境の変化だろうね。

グリの街、灰羽の庭で

  • Posted by: daniwell
  • 2009年7月19日 08:30
  • book

グリの街、灰羽の庭で―安倍吉俊灰羽連盟画集

 
『グリの街、灰羽の庭で - 安倍吉俊灰羽連盟画集』。
古本でだけど、ついに買ってしまった。

シンプル。

鉄コミュニケイション

  • Posted by: daniwell
  • 2009年6月14日 22:57
  • book

鉄コミュニケイション

秋山瑞人さん著の『鉄コミュニケイション』。
SF、地球最後の生き残りの少女のお話。

でも、ロボットはいる。
すごく個性的な登場人物たち(無論1人を除くと全員ロボットだが)。

地球最後の存在、だとしても、
そこに哀しさは微塵もなくって、むしろ底抜けに明るい。

 
ただもちろん、ずっと明るいまま時が過ぎていくはずもなくて。

2巻完結。ぜんぶ読んでしまった。
いやあ、おもしろかった。

電波的な彼女

  • Posted by: daniwell
  • 2009年6月13日 19:32
  • book

世間一般の基準からすればズレているのだろう。普通ではない。 でも、そんなこと気にすることはない。普通とは、要するに平均ということだ。 それから外れることを、いちいち恥じることはない。

本文より抜粋。
 

電波的な彼女

片山憲太郎さん著の『電波的な彼女』。
ラノベでサスペンス。

前も書いたかもしれないけれど、
最近、サスペンスとかミステリとかに嵌っている。
あ、あとラノベにも。
 

3巻まで全部一気に読んでしまった。
えぐい描写も多々あるので手放しにお勧めは出来ないが
(2巻は子供好きにはきつい、3巻は猫好きにはきつい)
サスペンス的にも電波的にもオモシロいので是非。

あと、
文体も存外しっかりしておりテンポもよくて読みやすく、
言い回しなんかも結構自分好みのテイストでよかった。

さり気なく続刊希望。

精霊探偵

  • Posted by: daniwell
  • 2009年6月11日 02:13
  • book

精霊探偵

梶尾真治さん著、『精霊探偵』。

背表紙のスピリチュアルファンタジーというのが気になって購入。
想像してたよりオカルトしてて(特に物語後半)思わず笑ってしまった。

"衝撃の結末で有名な某ハリウッド映画"を彷彿とさせるような結末だったけど
それはそれでそれなりに意外性が滲み出ててオモシロかった。

すべてがFになる

  • Posted by: daniwell
  • 2009年5月16日 22:49
  • book

すべてがFになる

森博嗣さん著の『すべてがFになる』。

大学の先輩に薦められたことがあって
今になってようやく読んでみたんだけれど、
トリックのあたりなんかは、情報工学系の自分としてはかなりオモシロかった。

Continue reading

ぼくと、ぼくらの夏

  • Posted by: daniwell
  • 2008年12月 1日 22:17
  • book

ぼくと、ぼくらの夏

樋口有介さん著の、『ぼくと、ぼくらの夏』。

17、8年くらい前の作品。
でも、別段そんな感じもせずに読める。

ミステリー的にはそれ程面白いと言うほどでもない気がするけれど、
+青春要素でかなりいい感じに全体が纏まってる気がする。

空中庭園

  • Posted by: daniwell
  • 2008年11月14日 22:48
  • book

空中庭園

角田光代さん著、『空中庭園』。

ある意味ミステリーな気さえする。

6人の主要人物の視点で物語りは紡がれ
徐々にそれぞれの秘密が明らかになっていく、
そこに何かしら地に着かないオモシロさがある。

『空港にて』もそうだったけど、構成そのものがやや特殊なこともあり、
自然とグイグイ引き込まれる感じで一気に読み終えてしまった。

3年ほど前に映画化されているそうで、ちょっと見てみたい。

空港にて

  • Posted by: daniwell
  • 2008年11月14日 22:11
  • book

空港にて

村上龍さん著の、『空港にて』を読んだ。

裏表紙にも記載の通り、時間を凝縮させた手法を使って描かれた短編集。

どの1本をとっても、比較的ごく日常的な風景の中が描かれているんだけれど、
そのどれもがなかなか厳しい現実の様を見せ付けている。

ある日常の中を彷徨っているだけでは、
その閉塞感から脱却するのは難しい。

 
けど、
どこか遠くへ抜け出そうと思ったら、
いつだってどこへだって行けるんだ、今の世の中。

1  2  3

Index of all entries

Home > book Archive

Search
Feeds

Return to page top